フランス料理

「米は野菜と同じ付け合わせ?」フレンチ流調理法とその主な料理

「ライスとパン」どちらになさいますか?ファミリーレストランで良く聞くセリフですね。主食を選べる日本の外食産業のサービス精神には、いつも感心させられます。

 

日本の主食である米は、フランス料理では野菜料理や付け合わせに分類されます。調理法も和食のように炊き上がりを計算して水加減を丁度良く調整するのではなく、例えば炒めたり、茹でたりするなど…使い方のバリエーションに特徴があります。

 

今回は、フレンチの米料理とその使い方について共有します。

 

米を通じてフレンチを身近に感じる

イタリア料理のリゾットやスペイン料理のパエリヤのようなインパクトがあり、日本人にもなじみがある米料理は残念ながらフレンチは少ないです。しかし、米を使った料理や付け合わせを始めとして、特性を生かした料理や使い方は意外と多く、それを知らない方も多いのではないでしょうか?

 

その使い方や米を使った料理を通じて、米になじみ深い我々もさらに、フレンチを身近に感じることにも繋がるきっかけにもなります。

 

しょっぱい米料理

基本は米を炒めてからブイヨンなどを加えてオーブンで加熱します。バター、ブイヨン、野菜、ハーブなどを一緒に入れて火を入れます。日本のごはん(炊き込みごはんを除く)のように水だけで加熱するのはあまり見かけません。

 

イタリア料理のイメージが強いリゾットは、フランスでも定番の一品。もちろん付け合わせにもぴったりで、トリュフの香りを付けた米で作ったリゾットはまさにレストランの味です。日本でもおなじみのバターライスやピラフは、甲殻類、白身魚、仔牛、鶏などによく合います。

 

特に乳製品との相性が良く、ソースと絡めながら食べます。また、定番のサラダ仕立てやピーマンの詰め物、イカのセート風にもよく合いフレンチ烏賊飯といったイメージです。

 

あまい米料理

デザートでは、リオレがまず思い浮かびます。米を主食とする日本人には、なかなか理解できない味ですが、とても美味しいデザートです。

 

作り方はいろいろありますが、主にバニラと牛乳と砂糖で米を軟らかくなるまで煮ます。それにカスタードソースやドライフルーツと一緒に合わせて食べます。フランスに行かれた際はぜひ召し上がってみてくださいね。本当に美味しいです。

 

シャリを切るフランス人シェフ

フレンチの米の活用法として、とろみ付けが挙げられます。特に、にんじんのポタージュやビスクなどのつなぎとして利用します。またレストランでは創造性豊かなシェフが米をトロトロまで煮てソースにしたりするのもありました。

 

さらに昨今の寿司ブームによって、厨房には寿司酢も完備されており、うちわ片手に寿司桶に入った寿司用の古米で、シャリを切るフランス人シェフがいるのも時代の流れでしょう。

 

主食はごはん、付け合わせはライス

今回は【「米は野菜と同じ付け合わせ?」フレンチ流調理法とその主な料理】についてお伝えしました。

 

初めて行ったフランスのビストロでは、当然のようにパンが出てきました。しかしメインの付け合わせにもライスがついてたので、「主食×主食=新感覚」を覚えた当時の懐かしいカルチャーショックです。

主食はごはん、付け合わせはライス。このように区別しておけば、フレンチの米使いも理解できるのではないでしょうか?
 
家庭でも楽しめるシンプルフレンチ
体験レッスンはこちらこちらから

 

【友だち追加】で情報をいち早く手に入れる。
友だち追加