料理

【レシピの書き方】手書きで伝わるおいしさと自分らしさ

レシピを書くことありますか?

 

レシピには、『このように書くと見やすくなる一種の型』があります。しかし自分だけの記憶に留めておくレシピの場合には、そのような決まった型は参考にする程度でいいでしょう。大切なことは、自分のレシピを作ること。今回は、生徒さんの手書きレシピで想う、自分らしくまとめるレシピについて考えてみます。

 

忙しくメモを取る

先日の調理実習では、いつもよりも内容を難しくし、さらに調理工程を増やしたので生徒さんたちにとってはハードな一日だったかもしれません。その日のレシピは3つです。デモンストレーションでは、それぞれを逆算して時間がかかるレシピから始めます。

 

フランス料理のレシピの特徴として、『メイン食材のパート』『付け合わせのパート』『ソースのパート』の3つのパートで分かれているのが基本となります。さらに、ひとつのパートでも、調理工程が5つ以上あるものもあり、ひとつのレシピをトータルすると15以上の調理工程に細分化されます。もちろん、初心者向けにレシピをアレンジすることはしますが、その日は少し頑張ってもらうことを前提に少し難しくしてみました。

 

デモではA、B、Cの3つのレシピを逆算します。Aのレシピを行ったら、Cのレシピに移り、またAに戻る。さらに、Bを取り掛かり、Cの様子を見ます…と、3つのレシピを交互に行うので生徒さんたちは忙しくメモを取りながらデモも見学します。メモを取りこちらの調理工程を見学する真剣さが伝わるので、さらに熱が入るデモになります。

 

こちらも感心させられる

デモが終わり、生徒さんたちの実習が始まると、再確認の為手書きしたメモを見ながら初めて作る料理に取り掛かります。レシピには生徒さんたちそれぞれの持ち味が生かされており、見るこちら側としては非常に興味があります。

 

例えばデモ中に私が話した、『少しレシピから外れた余談』、『家で作る時の美味しく作るアレンジ法』、『プロならではのテクニック』などが詳細に書かれてあるのには、こちらも驚きます。

 

よくあのタイトな時間でここまで書けるな』と感心させられる時が多々あります。もちろん、メモを取る時に勘違いをし、間違ったまま調理している時は、こちらも直ぐに気が付くので実際に手順を見せながら再度説明をします。

 

当時を思い出す記憶のレシピ

レシピは人それぞれ作る人の持ち味が生かせるので、実に三者三様で面白い。ある生徒さんは『メモしたレシピは家で分かりやすく書き直します』と、話してくれました。今のそのノートでも充分見やすいのですが、さらに家でまとめるとは、その熱心さにこちらも頭が下がります。

 

生徒さんの手書きレシピを見る度に、私も若い時、辞書で調べながら、手書きでレシピを書いていたことを思い出します。今では、パソコンで書くのが当たり前になりましたが、はやり手書きのレシピはその人らしさがにじみ出てきていいものですよね。

〈当時のレシピ。スズキのフィレの巻き方が書いてありますね。〉

 

今回は「【レシピの書き方】手書きで伝わるおいしさと自分らしさ」についてお伝えしました。

 

その方は、これからたくさんのレシピを書き溜めていくことでしょう。今は初心者でもその熱意があればすぐに料理が上手になります。数年後にレシピを見返してみてください。当時のレシピから、様々な事を思い出す記憶をたどるノートとなるはずです。

 
少人数制フレンチ体験レッスン
 

【友だち追加】で情報をいち早く手に入れる。
友だち追加