料理

凝った料理を作るのが好きな料理上手の男性に教えたい、最もレベルが高い料理とは?

料理が自分のイメージする味付けや、焼き加減が出来るようになってくると、それはとても面白く、料理にハマる男性の方も多い。奥さんや彼女の笑顔を見たら、もっと「美味しい」と言ってもらいたくて、ますます凝った料理に手を出したくなるのは素直な気持ちでしょう。

 

しかし本当に凝った料理や、手をかけた料理が果たして満足できる料理か?と言ったら、そうではありません。料理の先には、必ず食べる人がいるということ。その人がいかに満足してもらえるかを、考えて調理できることが最も難しい料理といえます。

 

独りよがりな料理

料理が難しいと感じるいくつかの理由に、「どこまで手をかけるか」が挙げられます。不安や腕試しのつもりで「つい凝った料理を作ってしまう」などで、上手くできなかったり、相手に引かれてしまった経験のある、料理上手の方いると思います。

 

やり過ぎはくどくなり、食べる人のことを無視した独りよがりな料理はいけません。食材の持ち味をいかす名目からか、逆にシンプルすぎるのは、相手によっては、まさしく手抜きにしか見えないことがあります。

 

・趣味の域を出ない料理

趣味ならともかく、男性の料理は趣味の域を出ない料理が多く、どれも時間がかかる、もしくは道具に凝り過ぎて、実力以上のハイスペックな道具を使いたがります。時間をかければ美味しいものが出来る、良い道具を使えば良い料理ができる。料理はそんな単純な話でしたら、お金があって時間のある人は、皆さん料理自慢でしょう。

 

使いこなせるのは、それにふさわしい技術が必要であることを、ここで確認させていただきます。また自信がないために,たくさんの食材を使用し、色々な材料を加えたり複雑な味付けにしたりするのも凝った料理の範囲に含まれます。

 

私も駆け出しのころは、覚えたての料理や凝った料理を身内に作っていましたが、以外にも凝った料理に関しては反応が薄く、むしろ私自身がみんなに作ったことに関して喜んでくれたことを覚えています。我ながら料理は結構うまくできていたのに、予想外の反応に関して、理解できていませんでした。

 

・最も難しいのは相手のことを考え尽くした料理

今回は「凝った料理を作るのが好きな料理上手の男性に教えたい、最もレベルが高い料理とは?」についてお伝えしました。

 

使ったことが無い高級食材や、話題の最新調理機器など料理が好きな男性にはそれらを使えることが楽しみで仕方がありません。色々試せるワクワク感と上達が目に見えることで、さらに凝った料理へと突き進んでいくのでしょう。

 

そのような凝り過ぎの料理は、本当に満足できる料理なのでしょうか?別に凝らなくても、料理が上手いアナタが作ってくれただけで、もう充分喜んでもらえているはずです。

 

むしろ、表面的に腕が鳴る凝った料理よりも、食べる相手のことを考え尽くしたシンプルな料理ほど、実は作り甲斐があって難しい。料理が上手なアナタならば、きっとそこに気づき、難しい方にチャレンジしてくれると思います。
 
まずは基本を学ぶフレンチ体験レッスン
 

定期的に開催しているイベント告知などはこちらからも案内中です。
 
友だち追加