料理

料理初心者が手際をよくするためにエプロンをつけたほうが良いそのわけとは?

料理初心者の方に質問です。ごはんを作る時エプロンを着けていますか?

 

普段のごはんを作る時にエプロンをする人としない人に分かれると思いますが、とくに初心者の方には上半身までカバーする胸当てエプロンを着けることをおすすめします。もちろん絶対しなければいけないことはありませんが、エプロンをすることで確実に調理動作や効率がアップします。

 

今回は、料理初心者がエプロンを身に着けるだけで、いつもの料理が美味しくなるワケをお伝えします。

 

エプロンを着ける理由

エプロンは、調理中に飛び散る細かい油汚れや、洗い物で着ている服が汚れないように防いでくれます。また、身に着けることで体全体がエプロンで覆われフィットします。

 

軽く締め付けられるようになるので、着けていない時に服が気になり動きにくかったのを、エプロンを着けることで、着心地良く安定的に動きやすくしてくれます。

 

また、エプロンをする理由として、仕事後着替える間もなく、手を洗ってすぐに晩ごはん作りを始める方は、服を汚したくない為にエプロンを着ける方もいます。また、エプロンを身に着けるとやる気が出る方や、気分を切り替えるためにエプロンを着ける方…理由は様々です。

 

手早く身に着ける料理上手な方

当料理教室に通ってくださる生徒さんでも、料理が上手な方や慣れている方は、スムーズに手早くエプロンや前掛けを身に着けます。最後の紐を結ぶ時の手慣れた感じで「この方は料理が上手」と見分けがつきます。実際のレッスン中も作っている時の手際の良さは申し分なく、エプロンも汚しません。

 

手際が良くなるとエプロンも汚れなくなる

普段家でごはんを作るときは、部屋着で作る方も多いと思います。部屋着はある意味汚れてもいいのでエプロンを着ける必要はないでしょう。しかし、特に初心者の方には、部屋着を着ていてもエプロンを身に着けてほしいと思います。

 

先ほどお伝えしましたように、着ている服をエプロンで軽く覆うので、フィットして動きやすくしてくれます。また、油汚れも気になることなく調理作業に集中できます。洗い物も勢い良く洗うことができ、効率も上がります。部屋着とはいえ、やはり服は汚したくないものです。

 

逆にエプロンは汚してもいいのかといえばそうではありません。初心者の時のエプロンは、油はねやソースが飛び散ったりして汚れが目立ちますが、そのうち上達すると手際も良くなり、エプロンは汚れなくなります。料理上手な人の目安はエプロンがきれいな点です。

 

初心者の方はエプロンを着けることを習慣にする

今回は【料理初心者が手際をよくするためにエプロンをつけたほうが良いそのわけとは?】についてお伝えしました。

 

エプロンを着けるのを習慣化することで、今以上に料理が上手になります。エプロンを着けている時と着けていない時の調理効率の差を比べてみてください。きっとその違いに驚くと思います。

 
少人数制フレンチ体験レッスン
 

【友だち追加】で情報をいち早く手に入れる。
友だち追加