料理教室

料理教室が初めての初心者でもレッスンで自然と生まれる生徒同士の料理コミュニケーション 

グループでレッスンで大切な事とは何でしょうか?

 

特に大切にしていることが、コミュニケーションです。もちろん、調理技術的な事や味に関することも大切です。しかしそれらと同じくらいにコミュニケーションが、必要であると考えています。普段ご自宅では、お1人で行うことが多い料理ですが、ここ料理教室のグループレッスンでは皆さん一緒に、相手のことを気にかけながらレッスンを受けることで、料理コミュニケーション力が自然と身に付けることができます。それによって一層味わい深い料理になります。

 

声を掛け合いながら自然な流れで盛り付けが始まる

先日のレッスンでも、いつも通っていただいているNさんとSさんは当教室の勝手を知っているので、こちらが何も言わなくても、エプロンを着け、手を丁寧に洗い準備万端です。しかし、体験レッスンで初めてのKさんは、当然ですが何からしていいのか分かりません。

 

もちろん体験の方には、初めに私の方からもレッスンの流れを説明します。しかし初めての場所なので、まだまだ緊張しているご様子でした。レッスンが始まると、NさんやSさんは道具の場所や次に何をすればいいのかが分かっているので、動きにも積極性があります。

 

私は、Kさんにも多くのことを体験していただきたいと考え、あれこれ調理の一部をお任せしてみました。しかし、それがちょっと逆効果でした。後で聞いた話では、「いきなり仕事を振られたので、頭が真っ白になった」とおっしゃっていました。これには私も反省でした。

 

もう少し様子を見てから、徐々に慣れていってもらうための、ステップが必要であることを学びました。しかし、慣れているNさんとSさんが上手にフォローしてくれたおかげで、『これお願いできます?』『こんな感じでいいですか?』と自然な流れで一緒に盛り付けが始まりました。

 

ちょっとした私が話すワンポイントをお互いに確認し合ったりと、終始和やかにレッスンは進みました。体験のKさんもレッスン中盤より緊張がほぐれてきた様子で何よりでした。

 

困っている様子に気が付き自然と体が動く

調理師専門学校では、調理台を囲んで実習を行います。ある生徒が、真鯛のソテーを焼く際に下準備が悪く、真鯛がそろそろ焼きあがる間際になって慌てているようです。どうやら焼いた真鯛を一時的に取り出しておく、網をしいたバット(角型の浅い入れ物)が無い事に気が付きどうしたらわからないとのこと。

 

私が「バットは準備してあるの?」と聞いた瞬間に、その様子を見ていたある一人の生徒が、引き出しからバットを取り出してくれました。私がいるからではなく、その生徒が困っている様子に気が付いて自然と体が動き、出してくれた様子が自然な動きで分かります。

 

また、生徒同士でメモを見て、私が指定した分量や時間を確認し合いながら、実習を進めている模様も良く見かけます。ここでも同じように私が答えればその場ですぐに解決しますが、生徒同士で考えながら行うことが、その後プロの現場に入った時のコミュニケーションにも役に立つのではないかと考えています。

 

あえて見守るのも仕事のうち

今回は【料理教室が初めての初心者でもレッスンで自然と生まれる生徒同士の料理コミュニケーション】についてお伝えしました。

 

レッスン生同士、お互いに助け合い、声を掛け合って料理を作っている姿を見ていると、レッスンを通じて生まれる料理コミュニケーションであるとつくづく感じます。誰が上手下手ではなく、調理台を囲んでデモンストレーション中に一生懸命にメモしたレシピを確認し、聞き逃したところは生徒同士で聞き合う姿がある。

 

確かに私に聞けばすぐに答えや美味しい方法は見つかるのは分かっているはずです。しかしあえてそれをしないのは、テーブルを囲んで料理を作る者同士にしかわからない仲間意識かもしれません。そんな時はあえて見守るのも私の仕事でしょう。

 
お互いはじめましてでも
すぐに打ち解けられる体験レッスン

 

【友だち追加】で情報をいち早く手に入れる。
友だち追加